しっトク!オシロスコープ

オシロスコープなら当サイトにお任せ!

このサイトではオシロスコープの使い方を中心とした、様々な情報の提供を行っています。
特に電圧を示す垂直軸に関することが多いので、その点に関してわからないことがある人にとっては役立つ内容になるかもしれません。
また使い方に加えて拡張性に関しても触れているため、発展的な応用を考えていたりすでに別の使用方法が求められている場合の参考にもなるでしょう。
実際に有用かを確認するためにも、まずは目を通してみてください。

オシロスコープの垂直軸感度とは

オシロスコープの垂直軸感度とは オシロスコープは基本的に、ディスプレイの水平軸が時間で垂直軸は電圧を示しています。
そしてその電圧に関係するのが垂直軸感度です。
オシロスコープのディスプレイは標準として横が10マスで縦が8マスの線が入っていて、それを測定の目安とします。
その縦マスのひとつが、どれだけの電圧を示しているのかを表すのが垂直軸感度です。
例えば1マスが1ボルトだった場合、そのディスプレイでは上下それぞれに4ボルトがある計8ボルトになります。
もちろんその範囲には収まりきらない電気信号もあるため、スケールの調整を行います。
垂直軸感度の値が大きくなればそれだけ1マス当たりの電圧量が増えるため、相対的に表示される信号のグラフは縦に小さく見えるようになります。

オシロスコープにおいて重要となる掃引速度

オシロスコープにおいて重要となる掃引速度 オシロスコープは電気的な振動をスクリーンに表示する装置です。
電位の周期的変化を波の形として画面上に表示します。
水平軸に時間を表し、垂直軸に電圧を表すことが特徴となっています。
画面への表示はスクリーンを左から右に周期的に掃引する輝点によってなされる仕組みにとなっており、この速度が重要となります。
掃引速度が速いと細かい情報を円滑に反映しやすくなり、精密な数値を読み取りたいときにもうってつけです。
この掃引速度に大きな影響を与えるのがブラウン管の首の部分であり、この部分は電子銃になっています。
加熱した板に電荷がかかるように、数百ボルトの電圧がかけられます。
電界が陰極から電子を流れ出すことにより、それが弾丸のように加速します。
基本的には電圧をコントロールすることによって、速度を高められる仕組みになっています。
スクリーンに焼き付けてある蛍光体に電子のビームが当たります。
これが発光するメカニズムです。
電源投入直後にはスクリーンの中央に光が見えますが、その光は磁気や静電を使って動かすことが出来ます。
オシロスコープのブラウン管では静電偏向を使うのが一般的であり、垂直増幅器を使った電位差がビームの作る電界に影響します。

オシロスコープを保存する正しい方法について

精密機器を取り扱う現場では、必ずと言っていいほど、オシロスコープを利用します。
この機器は拡大をするのはもちろんのこと、透視機能もあるので開発には必須といえるわけです。
非常にデリケートな構造をしているため、通常は頑丈なケースに入れて持ち歩くことになるでしょう。
ここでは簡単に、オシロスコープの保存方法を解説していきます。
まず望ましいのは金属製の箱で、一般的にはジュラルミンケースと呼ばれるものになります。これはネット通販やホームセンターでも販売されており、1個約1万円が相場です。定まった場所で保管をする際は、20度前後の室温で管理をしましょう。
オシロスコープは気温の変化にも敏感なので、保存方法を誤ると取り扱いができない場合もあります。
必ず管理をするときは管理者を定めておき、毎週一回から二回は状態の確認をして報告をすることも大切です。
企業や病院等ではこのシステムを取り入れており、長期にわたっておいています。

オシロスコープのディスプレイをパソコンなどと共有

波形の観測に欠かせないオシロスコープ、時代とともに様々な機能が追加されより便利な測定機器も増えています。
オシロスコープは、電子回路設計や修理・メンテナンスなどのときに活用する測定機器の一つですが、開発の際に遠隔地にいるプロジェクトメンバーと打ち合わせを行うことも多く、このようなときには現状の波形がどのようなものであるのか見せ合いながら話を進めることも少なくありません。
必要な電圧が発生しているのか周期は計算通りになっているのか、細かな部分の打ち合わせを行うことも多いわけですが、最近のオシロスコープのディスプレイはパソコン画面に表示ができたり、プロジェクタなどに投影して波形の観測ができる製品も登場しています。
パソコン画面に表示ができるので、その画面をスクリーンショットで保存してメール送信ができる、ウェブ会議を進めながら観測データの共有化を図れる、仕様書を作成する際にもオシロスコープのディスプレイをパソコン画面に表示させればそのまま挿入できるなど様々なメリットがあります。

電気工作に役立つオシロスコープの基礎知識

回路のトラブルシューティングを行うとき、単純なマルチメータでは得られない情報が必要だと感じたことがあるはずです。周波数やノイズ、振幅など、時間と共に変化する特性などの情報を明らかにする必要がある場合にはオシロスコープが必要になります。
オシロスコープの主な目的は、電気信号が時間とともに変化する様子をグラフ化することです。ほとんどの製品は、X軸を時間、Y軸を電圧とする2次元のグラフを作成します。
多くの場合は正弦波が描かれるのですが、画面の周囲にあるコントロールで、グラフのスケールを垂直方向と水平方向の両方で調整できます。
つまり信号を拡大したり縮小したりすることができるのです。
トリガーを設定するためのコントロールもあり、画面の焦点を合わせたり安定させたりするのに役立ちます。
他にも信号の電圧がどれだけ高く、どれだけ低くなるかを正確に伝えることができますし、信号の平均を計算することや、信号の最小電圧と最大電圧の平均を知ることができます。
これがオシロスコープの基礎知識です。

初心者でも使える便利なオシロスコープで測定

オシロスコープは、電気信号の変化を波形で表示できる便利な測定器です。 初心者でも使いやすいため、様々な分野で活用されています。
オシロスコープを利用すれば、目に見えない電圧の変動を観測できます。 電圧の大きさや信号の周波数も確認でき、パターン解析にも使えます。
時間測定も可能で、電子機器が故障した場合は故障部位に特定に活用できます。 回路を流れている電気信号を測定すれば、故障部位を容易に確かめられます。
デジタルのオシロスコープは安いため、DIYで回路を使う際にも使われています。 回路を作成した後は電気の流れを把握して、正常な動きを確かめます。
初期投資を抑えてオシロスコープを選択するには、大切なポイントがあります。 最初の段階では最低限の機能を持つ製品を購入し、必要に応じてグレードを上げます。
周波数帯域などの基本要素を確認して、予算に合わせて使いやすい製品を選択します。 帯域幅は特に重要で、帯域幅によって信号が表示される範囲に加えて装置の価格も変わります。

オシロスコープを選ぶときには、どんな用途に使うのか確認が必要

オシロスコープは信号の波形を測定するのに用いられる装置で、電気計測では頻繁に使う機器なので使用目的に合うオシロスコープを選ぶことで、仕事や測定の効率が上がるかが決まります。
装置を選び決定する際にチャンネル数や周波数領域、またサンプルグレードなどの要素があり、使用する用途によってどこを重点的に見るのかが決まります。よく使われるデジタル式を使用したい場合には2チャンネルあると、ほぼどのような目的にも使用することが可能です。
また測定できる宗派集に関して、できるだけ広い範囲で測定できる機種を探して決定すると、使用範囲が広がります。しかし信号と雑音の比率について考慮しないで購入しようとすると、購入のために無駄に高い金額を支払うことになります。
周波数域については信号が持つ帯域をカバーできるオシロスコープを探すほうが良いと言えます。波形を正確に測定するためには周波数帯域の中に信号が持っている周波数成分になるので、この領域が測れることが条件です。

搭載されている機能により価格が変化するオシロスコープ

オシロスコープは、様々な物理現象を電気信号に変えて観測できる装置です。 測定する対象は電気信号で、時間の経過により変化する電圧を波形で確認できます。
電気信号をオシロスコープで測定すれば、ディスプレイ上にグラフで表示されるので便利です。 グラフの垂直軸は電圧を表し、水平軸は時間の経過で変化する電気信号を表しています。
オシロスコープを利用すれば、電気信号だけでなく時間の測定も可能です。 音や電圧を目で確認しやすいため、学校では波形の観測に使われています。
購入する場合は、用途に合わせた機能に加えて価格も重要なポイントになります。 最近は上位機種と同じ回路を組み込んでいるハードウェアも増え、必要になればライセンスによってグレードを上げられます。 短期間の使用なら、中古品やレンタルの利用も選択肢に入ります。
最低限必要な機能を持つオシロスコープを購入してから、目的に合わせて機能を増やす方法もあります。 使用目的を踏まえて最も重要な帯域幅を決めると、適切な装置を選びやすくなります。

オシロスコープのデータを記録する方法を知っておくと便利

オシロスコープは電気回路の様々な部分の状態を波形で観測することができるものとなっており、回路動作を確認する上では非常に便利なものとなっています。
ただし一般的にこれらの波形は常に動いており、そのデータを記録する事は難しいと考えている人が少なくありません。
これを記録することで様々な場面で実際に測定した結果を示すことができ、また数多くの測定を行った場合にはその記録をしっかりと残すことができるので非常に便利です。
オシロスコープのデータを記録する方法は、最近のデジタル型の場合にはその内部のメモリに蓄積する仕組みが存在するため、その操作を行うことで簡単にできます。
しかし最近では非常に少ないアナログ型の場合には、この機能を持っていないため画面の表示をカメラで撮影するなど、特殊な方法を利用することが必要な場合がありました。
近年のオシロスコープではプリンターが接続できるものも存在しており、これにより波形を印刷する事ができるものもあります。

オシロスコープについてはコチラもチェック

電子計測器の購入